声優オーディション

日本はアニメの文化がとても進んでおり、声優のオーディションも頻繁に行われています。では、日本のアニメの現場で求められる声優の条件とはどのようなものなのでしょうか。今回は簡単に現場で求められる条件をご紹介していきたいと思います。

日本では常にさまざまなアニメが放映されていますが、その数は2000年以前に比べると2倍近くまで増えており、市場はどんどん拡大されていっています。それに伴って、アニメキャラクターに声を当てる声優の知名度や期待もふくらんでいます。オーディションでは演技力はもちろん、音響監督の指示に的確に応え、柔軟な演技ができるかどうかも問われます。オーディションで合格し、実際に声優としてアニメに携わるのはとても難しくなっているのです。

さらに、最近はオーディション時点で、裏方の仕事ではない、ステージでの歌やダンス、イベントへの出演を求められることも増えていて、そのすべてをこなすことができなければ、オーディションを勝ち抜くばかりか、選考に参加することすらできないこともあります。アイドルが登場するアニメ作品だと、劇中で搭乗する通りのライブを実際のイベントで行うこともあるなど、声優といってもアイドルやアーティスト活動との差が少なくなっています。

参照ページ《http://www.theatre.co.jp/audition》

二次審査

オーディションで書類審査に合格すれば、次は二次審査です。オーディションの規模が大きい場合は、その後に三次、四次と審査が続いていくこともざらですが、ほとんどの場合はこの二次審査が合否を分けるポイントです。そのため、二次審査の攻略がとても重要になります。この二次審査を通過することが出来ればほとんど決まったといえるのです。

オーディションにおいて最も重要なことは自己PRと特技披露、実技審査です。二次審査ではまず、入室後、簡単な挨拶と自己紹介を行います。緊張すると早口になってしまいがちですが、なるべく落ち着いてゆっくり・はっきりと発音することを意識しながら話しましょう。さらに、暗記した内容をそのまま話していないかということもとても重要なことです。自分の言葉でしっかりと話すことを心がけてください。

特技披露、実技審査では、その場で審査員に見てもらえるような特技を持っていると、強く印象をつけることができるので合格にも近づきます。もちろん場所や内容によっては披露が難しいかもしれませんが、何かひとつ考えておくようにしましょう。ここでは決して上手である必要はありません。審査員に熱意や一生懸命さを見せることを心がけるようにしましょう。二次審査では一次審査の書類審査とは違って、自分の人間性や能力など、本来の実力を審査されるので自分の持っているものをすべて出すつもりでがんばりましょう。

声優のオーディション

オーディションといっても様々な種類がありますが、今まさに人気があるジャンルとしては声優系の仕事です。アニメや映画の吹き替えの声など、様々なところで活躍できる職業ですが、昔とは異なり、声優がアイドル的な存在となり、歌手としてデビューされる方も少なくありません。当サイトではこの、声優に関するオーディションについて紹介しています。

オーディションの一次審査は主に、プロフィールなどが必要となるほか、顔写真を用意して行われる書類審査です。これに通過しなければ、二次審査に行く事ができません。さらに、規模が大きいオーディションであれば、二次審査だけではなく、3次審査や、最終選考などもあるため、決して簡単な道ではありません。今は声優を希望する方も非常に増えてきているため、倍率の高い業界としても知られるようになりました。

オーディションでは、アニメの題材にあっている声なのか、音響監督が求める指示を的確にこなす事ができるのかなど、応募者の技術力が求められるようになります。さらに今では声だけではなく、ダンスなどのスキルがあるのか、歌を歌えるのかというような点でも先行されるようになってきているため、難易度の高い業界といっても間違いありません。オーディションに合格しなければ、アニメに出るなど、活動する事ができないのが難しい業界です。当サイトではこのような声優のオーディションに関する情報を紹介しています。より詳しく知りたい方はぜひ、チェックしてみてください。